皮膚の黒ずみが出来るメカニズム

肌の黒ずみがつくられるのは、一つにホルモンバランスの乱れが関係しています。

肌表面の水分や油分のバランスは、女性ホルモンの働きによるものが大きく、
特に女性では30~40代にかけて、その変化が激しくなります。

女性は妊娠や出産を経験します。
また、このような経験をしなくても、40代は女性ホルモン動きが繊細になって、
ちょっとした精神面での影響でもバランスを崩すことがあります。

ホルモンバランスを崩すことにより、正常なターンオーバーが起こらなくなり、
古い角質が肌の上に残りやすくなってしまうので、黒ずみができてしまうというわけなのです。

肌の黒ずみが出来るメカニズムは、他にもあります。
加齢によるものがあります。
本来繊維芽細胞というところから生成されるコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分によって、
常に水分を得ているはずが、時間の経過とともに老化していき、保湿成分が体内で作られなく
なってしまい、肌の表面が乾燥することにより、黒ずみの原因を作ってしまうのです。

黒ずみ改善にはクリアネオ!口コミ・購入をご覧ください。

About

Categories: 生活