血圧のサプリメントに含まれる成分について

血圧のコントロールは、年齢と共に重要な課題になってきます。そのため、年配になるほど血圧のサプリメントが注目されます。健康を阻害するレベルで高血圧の症状がある人は医師が処方する薬が必要ですが、それ以前の段階ならサプリメントがおすすめです。血圧を下げるサプリメントに含まれる成分には、どの様なものがあるのでしょうか。EPAやDHAは高血圧の症状に効果があると言われています。これらはオメガ3脂肪酸と呼ばれています。血圧が高くなる理由の一つが血液のドロドロなので、納豆に含まれるナットウキナーゼで血液をサラサラにするといいでしょう。植物の苦みとして存在するサポニンは抗酸化効果があり、過酸化脂質を減らすことで血液のサラサラ度を増します。過剰にサポニンを飲むと、吐き気の副作用がありますので、加減しながら飲みましょう。植物の渋みや色素として存在するポリフェノールは血小板の凝固を抑制することで、血液をサラサラに保ちます。タウリンには胆汁酸の分泌を促し、コレステロールを消化させる働きがあります。体内にタウリンを取り入れることで血液の流れが改善しますが、胃酸が増えることがあるので要注意です。高血圧の症状緩和に役立つ成分を配合したサプリメントは様々なものがありますので、自分に合うものを探しましょう。塩分の高い食事は割けて、運動不足を解消しつつ、サプリメントも利用することが、血圧調整の糸口です。保湿化粧水 口コミ

About

Categories: その他