正しいアンダーヘアの処理方法

なかなか人に相談できないアンダーヘアの処理方法ですが、間違った方法で行なうと、黒ずみや肌荒れなどを発生させてしまいます。ここでは、アンダーヘアの処理方法の種類や、それぞれの処理方法のメリットデメリット、注意点などを説明します。欧米では常識のアンダーヘアの処理ですが、日本でも、美意識が高い女性は処理を施しています。

しかし、間違った処理は、デリケートゾーンの黒ずみや肌荒れ、毛が皮膚の外に出られずブツブツになる「埋没毛」など、あらゆるトラブルの原因となります。アンダーヘアの正しい処理方法を学び、アンダーヘアを美しく処理すると同時に、トラブルを未然に防ぎましょう。アンダーヘアの処理方法は、大きく分けると、自宅でのセルフ処理と、皮膚科や脱毛サロンで行なう方法に分かれます。

自宅での処理としては、カミソリやシェーバーで剃る、ピンセットなどで抜く、除毛クリームやワックスでの除去、家庭用脱毛器、セルフ・ブラジリアンワックス、ヒートカッターでの熱処理などが一般的です。セルフ処理には自信がない、キレイに処理したいという方は、脱毛サロンやブラジリアンワックス、医療レーザー&光脱毛などがあります。

仕上がりの美しさやお肌への負担という観点から言うと、脱毛ではレーザー脱毛や光脱毛が最もおススメできる方法です。長さの調整では、毛先が水着や下着から突き抜けにくいという点からも、ヒートカッターが、アンダーヘアの処理に適しています。

ちなみに、食欲抑制剤のサノレックスはいろいろと注意点があるそうです。たとえば、緑内障の患者さんが服用すると、症状悪化のリスクがあるんだとか。くわしくは↓のサイトをみてくださいね。

サノレックスの注意点って何?リスクが知りたい

コストや手軽さという観点も加味して、自分に適した方法を考えるには、それぞれの処理方法の特徴やメリット、デメリットをしっかり理解し、脱毛方法を選ぶ必要があります。安全性や皮膚への負担、仕上がりの美しさという点では、既にご説明した通り、レーザー脱毛や光脱毛、ヒートカッターによる処理がおススメです。

アンダーヘアのお手入れは、形を整え、下着や水着からヘアがはみ出ないことも大切ですが、清潔で快適に過ごせるためという理由もあります。美容面だけでなく、衛生面からもアンダーヘアのお手入れをするように心がけましょう。自己処理を行なう場合は、デメリットやリスクをしっかり理解した上で、適切に行なうようにして下さい。

爪の端っこの方になんかこう、ちょっと皮膚が固くなってることってありますよね。私、これがよくできる体質のようで、見つけるとどうにも気になってしまって、すぐにとっちゃうんですよ。うまくとれればそれで満足ですが、失敗するとこれが結構痛いんです。キーボードを打つ度に、ジリジリとした痛みが走るんです。

最初から手を出さずに放っておけば良いのでしょうけど、カサブタと同じように、どうしても剥がさずにはいられない、妙な魅力があるんですよね。絶対痛いって分かってるのに、変な癖ですよ。なんとか直したいと思っているのですが、何か良い方法は無いものでしょうか。

About

Categories: その他