それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば

UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。その訳は、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。


しかも、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、結局、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、値引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。
ワイマックスってサービスがあるのですが、このネットサービスは、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。
そう言う点で、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、最も適したモバイルインターネットサービスです。速度制限が気がかりでモバイルを諦めていた方は、検討事項にしてみても良いでしょう。
月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXが存在します。(@nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを活用しよう!から)
びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。しかしながら、auスマートバリューmineには非対応なので、auにてスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。その上、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダがあります。このプロバイダが運営するWiMAXサービスなのですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。
本来は月額500円掛かる有料サービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。

WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?そんな中で、WiMAXなら普通に映画が視聴出来ますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。UQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。

au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、かなり受信しやすい通信回線です。800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が行き渡りやすいです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がっています。

Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
その結果、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなるのです。

 

その他にも、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。
WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限が二つあります。一つめが、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限と呼ばれているものです。ふたつ目が、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものが存在します。
ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

 

しかしながら、混雑回避の為の速度制限は適用されます。
WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく変わりました。

最も変わったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。
そんな事から、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXというプロバイダが存在します。

 

Broad WiMAXの特徴としては、月額料金が安い点があります。

それだけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。
そんな理由から、auと連携したサービスが複数あります。
その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineなんです。
WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスとなります。

UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。

 

この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。
しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがあるので、選択出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXサービスを運営するプロバイダの中でも、少し他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う事から、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然異なります。具体例を挙げれば、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダでは提供されていません。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っており、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。
それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

それに合わせ、サポート体制もしっかりしてるので、そう言った点が評判を支える大きな要因となっているのです。

WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。
かなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。ですので、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますから、そう言うプロバイダを選択するとベストです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。

その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。UQ WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか使わないから、家の中がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムは月々レンタル料金が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。

また、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。WiMAXと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。

 

中でも嬉しいのが、公衆無線LANのサービスでしょう。

UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスとなります。

 

WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が準備されているとこもあります。

例を挙げると、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダのケースだと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。

DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、更に、スポーツクラブやインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。

展覧会やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い方に価値を感じて貰う事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。
そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。更に、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。
WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、何社かあります。
各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、そのあたり、要注意です。
具体例を言うと、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。ですから、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。

WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。新製品が次々と登場し、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。

 

例を挙げれば、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の2つの通信回線も追加されました。
しかも、通信速度が毎年速くなっています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。KDDIで取り扱っているSpeed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

更に、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵してませんので、USBポートから常に給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。この頃、WiMAXサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。例として挙げれば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。

それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。

 

どの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXサービスの月額料金ですが、驚く事無かれ、契約先によって料金が違います。
具体例を出すと、Broad WiMAXは最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が値下げされます。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額となります。

こう言った様に、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりも小さいです。
ですから、持ち出しするのに邪魔になりません。

 

ポケットに収まる大きさですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットティッシュと一緒に入れても余裕があります。

 

ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作可能です。

 

だから、ワイマックス端末をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。

WiMAXの中において、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約をすると言う方法もあります。
代理店ならキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。
UQ WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の高さに驚かされます。
自分が思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。WiMAX通信専用の通信機器は、年々新しいものが開発されます。

それぞれによって機能が異なり、快適さも異なります。中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を取られてしまいます。

そんな長い契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。
意外と見落とされがちなのが、各申し込み先のサポートセンターの応対です。コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダもありますから、ちゃんと判断してから申し込みを行いたいものです。

 

 

About

Categories: IT タグ: