月間データ量による速度制限

毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXがございます。

 

圧倒的に月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

だけれども、auスマートバリューmineに非対応ですから、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。合わせて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。WiMAXを利用する際には、注意すべき速度制限が二種類あります。

ひとつめは、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限と言われているものです。
二つ目は、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものが存在します。(情報元:Speed Wi-Fi NEXT W02をタダ同然の価格でゲット!
ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。
ですけど、混雑回避の為の速度制限は適用になります。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX端末です。
こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあるのです。この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ている訳なのです。

 

だけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。WiMAXサービスに申し込むと、この利便性の良さに驚かされます。私がWiMAXと契約後に感じたのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、通信制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気になるレベルでは無くなるのです。
WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルのセットで22750円も掛かります。
かなりの価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。
って事で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選択するとベストです。

WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。
無線を使いますから、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。
それに加えて、WiMAX機器は小型ですので、持ち運び性が高いです。

諸々の点を考慮すると、タブレットとの組み合わせが最高です。である為、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。WiMAXの通信機器は、どんどん性能が上がって来ています。何より、通信速度の向上は目を見張るものがあり、今は、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。

 

ですが、最近は通信速度よりも、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。
最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。

 

その理由は、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。
そういう理由から、製造会社や使用者的には、ここに対しての関心事が高まっているのです。WiMAXサービスに申し込んだ事により、私のライフスタイルは変わりました。一番大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。
そう言う理由から、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせず普通に視聴出来るになりました。インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、モバイルインターネットサービスの存在も無視できなくなって来ました。
持ち運んで使用する事が出来ますので、とても利便性が大きいのが特徴です。

とは言えどもモバイルですから、安定性がどれほどなのか気になるところです。
とは言え、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。

と言う事で、そんなモバイルに対して、バカには出来ません。モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。一例を挙げるとすれば、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。

 

速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。

 

つまり、速度制限無しと言っても、WiMAXと比べれば、常に速度制限状態だと言えます。周知の通りWiMAXには帯域制限がありますが、それほどハードなものではありません。

ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

 

速度制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。最近、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例として挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。どこの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。他にも、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。
時たま、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。WiMAXの中において、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

WiMAXサービスに対する情報を最も把握していますし、問題が起こった時の対応も最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。

ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約をすると言う手段もあります。
代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。

 

電気屋さんで、店員から光回線の勧誘を受けました。ただ、私はWiMAXユーザーですし、勿論、光回線は不要です。ですので、店員に対して不要と言う気持ちを伝えると、考えてなかった返事を貰いました。WiMAXなんか、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?ですけれども、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、天気とWiMAXの受信具合を証明するような因果関係は見られません。

大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

 

この技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳なのです。

それに加え、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。
最近のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX機器も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線で、日本の人口カバー率99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいのです。

 

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大して来ています。

UQ WiMAXサービスの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。
問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。

 

一方、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスと契約を申し込む折、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。特にお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXの場合はUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
UQ WiMAXを入手すると、WiMAX機器しか必要ないので、室内がすっきりします。光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。

モデムには毎月レンタル料金が掛かり、毎月の料金に追加課金されます。そして、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。
他には、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。

WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このネットサービスって、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。
ですから、たっぷりとインターネットを楽しもうと思っている方にとって、特に気になるモバイルサービスでは無いでしょうか?帯域制限を気にせずにインターネットを行いたいというのであれば、契約を考えてみてはいかがでしょう?WiMAX通信専用のデータ端末は、年々新製品が発売されます。それぞれによって機能が異なり、便利さも違います。そんな中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。WiMAX機器の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口対応率99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。

そして、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。代わりに、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。

 

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を取られてしまいます。

そんな長期契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約をしたい所です。

結構見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの対応です。カスタマーサービスの受付日が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダもありますから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応し、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比べると、一回り広範囲での通信を行えます。
他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、帯域制限に注意しましょう。
他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。
とは言え、通信速度は適用される可能性がありますので、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。

とは言え、速度制限が適用されたケースにおいても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特長には、月額料金が安い部分が挙げられます。その分初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。
契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを提供しています。

そう言う事で、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然異なります。
例を挙げると、3回線を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダには提供されていません。

About

Categories: IT タグ: