WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します

確かにWiMAXには速度制限がありますけど、それほど厳しいものではないです。

 

ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。

WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。

新しい製品が次々発売され、これまでに無い機能を持ったものもあります。

具体例を言うと、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。その他には、年々向上している通信速度もその一つでしょう。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。
WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

 

au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、幅広いエリアで繋がります。(GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンが今お得!より抜粋)
それから、800MHzのプラチナバンドを使っていますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。一方で、一回でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に適用されます。

 

WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、複数存在します。一点目が、モバイル通信と言う事で、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。
次いで、無線なので、ネットの開通工事を行なう必要はありません。

 

他にも、モバイルのネット通信ですから、月額料金が安くなると言うメリットもあります。
はたまた、速度制限が緩い点も、WiMAXを選択する理由と言えます。

 

WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

ですので、auと連携したサービスがいくつか存在します。
そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineとなります。
WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスとなります。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の日常は大きく一変しました。一番大きかった事は、スマホ通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。そんな事で、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。
WiMAXと言うインターネットサービスがありますが、このインターネット通信サービスって、速度制限が厳しすぎず、ある程度使い勝手の良い点が特長となります。ですので、たっぷりとネット通信を行なう方の場合、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、検討してみるのも良いでしょう。
モバイルインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。一つの例として、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。
ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅くなります。

だから、速度制限が無いものの、WiMAXで言えば、常に速度制限状態だと言えます。インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。
持ち運んで使用する事が出来ますので、利便性の高さが大きい印象を受けます。
でも、モバイルのイメージとしては、問題無くインターネットの通信が行えるのか気になる部分はあります。

ですけれども、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、通信状態は安定しています。

 

そう言う事から、モバイルだからと言っても、安定しないと言う事は無いです。

WiMAXサービスは料金プランが幾つかあります。

プロバイダ毎にプランの種類はあるものの、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。
それは何かと言うと、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、料金分以上に通信を楽しむ事が出来ますお得な料金プランです。それに対し、通常プランは安価なものの、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。1ヵ月間の通信量が7GBを超えるかどうかを目安にしながら、料金プランを選択すると良いでしょう。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広範囲での通信に対応しています。更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限は二種類あります。
一つ目が、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限って呼ばれているものがあります。

続いて、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。

 

ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除されます。
しかし、混雑回避の為の速度制限は適用されます。
月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言えます。しかしながら、auスマートバリューmineには非対応なので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。また、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。

 

最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率が99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が行き渡りやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判の良いインターネットサービスとなっています。WiMAX通信を行なう為の端末は、日々進化を遂げています。

 

中でも、通信速度が速まって、今の時点で、220Mbpsと言う速い速度に達しています。とは言うものの、最近になって通信速度よりも、通信を行った量の方に注目が集まる傾向が見て取れます。最新WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。と言うのも、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが原因で通信が思うように出来なくなってしまったユーザーが続出したからです。

なので、メーカーやユーザー的には、注目がここに集中していると言えます。
ちょっと前から、WiMAXのプロバイダの中には、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。例えば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。どの保証制度にしても、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

 

WiMAXを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特性には、月額の使用料金が安い点があります。その分初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。
WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると違約金を取られてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

 

意外と見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの対応です。
コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダもありますから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、いくつかあります。それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、その点、留意する必要があります。
一つの例ですが、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。

 

この様に、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。PEPABO WiMAXは、普段は3種類の料金プランがあります。
28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。
更に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。不定期で、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもラインナップされている料金プランではありません。

WiMAXを取得すると、WiMAX機器しか必要ないので、室内がすっきりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の料金に追加課金されます。
加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますが、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。
WiMAX端末の大きさは、手のひらサイズです。

 

だから、お荷物になりません。
ポケットからはみ出さない大きさですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットに入れても余裕があります。ワイマックス機器は、スマホアプリを使用して操作可能です。そう言う事で、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

 

その技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。

合わせて、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。
UQ WiMAXのサービスの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他社のモバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。
平気な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?だけど、WiMAXなら普通に映画が観れますし、24時間ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

 

WiMAXの月々の料金ですが、実際のところ、契約先によって金額が違います。
具体例を挙げれば、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。

これ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。
こう言った感じに、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を検討しましょう。

 

評判のWiMAXではあるのですが、賛否両論、色々と意見があります。
一つの例として、電波がプツプツ途切れるだとか、そう言った否定的な口コミもあります。

 

ただし、WiMAXの対応エリアは毎年広がる一方です。
な訳ですから、現状とは状況が異なるケースが多いです。口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、投稿された日付けを確認するようにしましょう。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。
なぜかと言えば、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。
合わせて、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結局、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではないですが、割引きは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。電機屋にて、光回線を店員からお勧めされました。

でも、WiMAXを使っている私ではありますし、言うまでもなく、光回線は不要です。ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、想定外の返事をされました。
WiMAXは、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?だけど、ずっとWiMAXを使用して来た経験から言うと、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。

About

Categories: IT タグ: